【スペインバルセロナ】③ガウディ建築、世界遺産のグエル公園

ガウディのスポンサーだった実業家グエルがバルセロナ市街を見下ろす山の手にイギリス風の住宅地を造ろうと構想し、

ガウディにより生み出されました。

この宅地造成計画は途中で中断され、現在は世界遺産にもなる公共公園として人々に愛されています☆

公園ではありますが、入場料がかかります。

事前のオンライン購入がスムーズに入れるのでおすすめ。

正門、目の前にある大階段。こちらは有名なシンボルになっているトカゲの噴水があり、

人気撮影スポット☆

中央広場から見下ろして撮った正門横にある守衛小屋。

こちらは童話の「ヘイゼルとグレーテル」に出てくるお菓子の家をイメージしたといわれているそうですが、可愛らしい造りです。

 

↑こちらは管理小屋とのこと。こちらではガウディグッズが売っているお土産屋さんになっています。

お菓子のようで美味しそうな小屋ですね😋

こちらは中央広場で「ギリシャ劇場」と名付けられたスペース。

波形のベンチもガウディが設計し、人体から断面の形が決められたとのことで

機能性と芸術性のモザイクタイルが融合してとても素敵な広場です。

私もパチリと撮りました📷

とても日差しが強いのと人も少なめ。

因みにグエル公園には沢山のモザイクタイルの装飾が見られますが、多くはガウディの協力者で弟子でもあったジュジョールが手掛けた作品だそう。

ガウディ建築は繊細でとても興味深く、独自のデザインスタイルを極めていますね。

公園内で最も高い場所にあり、バルセロナの街と地中海が見渡せる展望台ですが、現在はクローズで上がることができませんでした!

帰りに正門前にあるお土産屋さんを覗いてみたら、スペインらしいカラフルでポップな置物達が勢ぞろい😁

このごちゃ混ぜ感がすごい・・・笑

続く☆

Follow me!

スポンサーリンク