突然の海外赴任で家をどうすればいいのか!?

ある日、突然告げられ海外赴任となった皆様。
突然でびっくりした方もいれば、いよいよ来たかと思った方もいると思います。


国内の赴任とは違い、簡単ではありません。今回は日本の家をどうしたかをお伝えします。

私の場合、早いうちに不動産屋さんに相談をしましたが、まだ出国日が決まっていなかったので受付ができないとの回答をいただいたり、最寄りの小さな不動産屋さんでは、「ウチみたいな小さい不動産屋だとお客さんがすぐは見つからないから大手の不動産屋に頼むのがいいよ!」とアドバイスをされました。

私的には、自宅から近い不動産屋さんの方が安心かなと思ったのですが、今の時代はわざわざ不動産屋さんに行って物件を探してもらうお客さんの方が少ないそうで、大抵の方はネットで調べて気になる物件があれば、その物件を扱っている不動産屋さんに連絡をするとのことです。

そこで、どこに頼もうかなと探していたところ、便利なサービスを見つけました!!

メリットがあると思ったのは、自分で1社1社の不動産会社に話を聞き、見積もりをとるのは時間も労力もかかって大変ですが、こちらのサイトは全国の大手不動産会社や、地域に特化した不動産会社と提携しているので、物件状況や条件を入力するだけで、その物件に対して提案を行える不動産会社から連絡がかかってきます。

利用費用は一切かかりません。このサイトに物件情報を入力した後は、不動産会社の間で競争が生まれるため、次の日には、携帯電話やメールに各社から連絡が入りました。

そのサイトというのが、株式会社エイムプレイスがサービスしている「マンション貸す.com」です。

私は、メールでご連絡をいただいた会社ですと各社に返信するのが大変でしたので、すぐに電話で連絡をいれてくれた5社に自宅に来ていただき、システムを説明していただきました。

各社、内容的に大きな違いはないのですが、管理手数料の違いが3.5%、5%、6%、7%、9%〜等、会社やプランによって違いましたので、先ずは何社か比較するのをお勧めします。


担当の方との相性もありますので、私は管理プラン内容と管理手数料、担当で来てくださった方との相性で3社にお願いしました。

連絡を下さった各社は海外赴任者や転勤者に特化した実績を積み重ねてきた会社でしたので、自分で不動産会社を探すよりも、とても効率的でした!

あとは、お客様とのご縁ですね。

こちらのサイトは物件の条件によって扱ってもらえる不動産会社が違うので、賃貸経営をやられている方で、まだ入居者が決まらないなど、お困りの方にも便利なシステムだと思います。

スポンサーリンク