照明を変えるだけで部屋の雰囲気を素敵にできる!

部屋の照明を選ぶことを難しいと思っていませんか?
日本の一般的な住宅では、シーリングライト(天井に直接取り付けるタイプのスタンダードな照明)をつけられているご自宅が多いのですが。

実は、部屋全体をむらなく明るくできて、キッチンや勉強部屋など、どんな部屋でも活躍するライトではありますが、デザインがシンプルで味気ない印象になりやすいのです

そこで、一部屋に複数の照明を組み合わせて置くことをお勧めします。

一室多灯というのですが、レストランでも雰囲気のある空間は必ず一室多灯で演出をしています。

 

最近のシーリングライトは光の色を調整できるLEDシーリングライトなどもあるのですが、シーリングライトだけではなく、部屋のアクセントとしてスタンドライトなどの補助照明と組み合わせると雰囲気をつくりやすいのです。

 

スタンドライトとは、背の高い床置きのフロアランプや、デスクやテーブルに置いて使う背の低いテーブルランプがあり、明るく均一な光で照らす機能的なものから、存在感のあるデザイン性の高いものまであります。

インテリアのアクセントにするのであれば、サイズ違いで部屋に並べたり、同じ素材で色を変えて並べるのも素敵になります。

部屋が殺風景な印象になってしまう原因の一つに、照明の種類の選び方がありますので部屋の用途や好みに合わせて取り入れてみてください。

 

また、ペンダントライト(天井からチェーンやコードで吊り下げる照明)はダイニングテーブルやリビング、寝室などに適しています。

デザインが豊富にあるので、自宅のインテリアテイストに合った色や素材を選ぶとおしゃれな雰囲気になります!

シェードが小さいペンダントライトなら2~3個並べて取り付けるのもお勧めです。

 

そして、スポットライトのご紹介。
天井にレールごと付けるタイプなら、ライトをスライドして移動ができて光の方向も自由に変えられるので、使い分けやすく部屋の雰囲気もぐっと素敵に演出できます。

 

種類も天井や壁に付けて、特定のものをピンポイントで照らすものもあるので、インテリアディスプレイを目立たせたいときにもいいですね。

植物やアートにスポットを当てて目立たせたい場合は、紫外線や熱の放出が少ないLED照明を選ぶことが大切です。

 

照明次第で、簡単に部屋の雰囲気を変えることができるので、インテリアテイストに合う照明を取り入れてみましょう。きっと「こんなに変わるんだ!」と思うはずですよ❣

インテリアコーディネート無料相談はこちら

Follow me!

スポンサーリンク