【パリ】Dior・ディオール美術館/ラ・ギャラリーディオール「La Galerie Dior」✨

ずっと行きたいと思っていた、パリにある
La Galerie Dior(ディオール美術館)

昨年、ロンドンのV&A(ヴィクトリア&アルバート博物館)で開催されていたシャネル展に行って、ディオール展にも興味があった私。

シャネル展の様子はこちら👇
【シャネル展】イギリス・ロンドンのV&Aで開催中

シャネルもディオールも、世界観が美しいので大好きです👗

とくにショップの内装はシャネルよりもディオールの方が好み😍

場所はパリ8区にある、モンテーニュ通りにあるDior本店に隣接しています。

建築家のPeterMarino(ピーター・マリノ)氏が中心となり、2022年3月にリニューアルオープンしています。

私たちは、午前中の時間帯を予約。

もうけっこうな人が並んでいました!

ギャラリー・ディオール内には、大きな手荷物やスーツケースは持ち込めません。

私たちの前に並んでいたご夫婦が、小さめのスーツケースとリュックサックを背負っていましたが、ディオールスタッフから入館許可が降りずに、旦那様はスーツケース2個とリュックサック2個を持ち、奥様だけが入館されました😢

ネット予約後も何度か注意事項のメールが送られてくるのですが、見落とされたのでしょう。

入館拒否されないように、大きめの手荷物(リュックサックも含め)&スーツケース(サイズを問わずNGです)はホテル等に預けてから来られるのがベストです。

ご注意くださいませ。
※小さめのロッカーは入館後に預けることができますが、数が少なかったです。

まず入ってすぐにお目見えするのは、白を基調の螺旋階段の壁に沿った、美しく華やかなミニチュアのドレスやアクセサリーのジオラマです。

色別に分けられているのですが、なんともお洒落な魅せ方✨

エレベーターでセカンドフロアへ

最初の展示コーナーでは美しいドレスの数々を見ることができます。

ディオールのドレスはウエストがくびれているものが多く、女性らしいシルエットが美しすぎて大興奮💕

ディオールの後継者、歴代デザイナーたちの作品もあります。

やっぱり素敵なお洋服は、見ているだけでも心が踊ります♪

真っ白の壁に一面に飾られた、洋服を仕立てる際の試作品も美しい✨

バッグを作る工程で、デモンストレーションも見せてくれていました。

説明されるスタッフの方は英語は話せないようなので、質問する際はフランス語でされるのが良いでしょう。

小さなカフェもあります。

ファッションアート作品が展示されていて、シンプルで洗練されている空間です。

私たちはこの後にレストランを予約していたので、カフェには寄らず。

カフェの横には、小さなお土産コーナーもあります。

ポストカードなどが売っていました。

お土産コーナーとカフェの出口付近にはディオールのノートが置いてあり、皆さん思い思いにサインをしています✍🏼💕

私たちも来た記念にサインを残しました☺️

夢見心地にさせれたディオールの世界観。

せっかくなので、美術館の後はディオールのお店へ🥰

お店もとっても素敵❣😍

中でも目に飛び込んできたのが、こちらのバッグ👇

美術館にも展示されていて、写真に撮っていたのですが、まさか商品としてもお店に売っているとは!!

まばゆいばかりの輝きを放っていて、存在感がすごい✨

30モンテーニュでしか買えない限定アイテムということを、帰国後に知りました。

お値段だけでも聞いておけば良かったと少し後悔🥺

というのも、ネットでもこちらのバッグは掲載されていないのです。

もしかすると、モンテーニュ通りの本店にしか取り扱いのないバッグかもしれません。

久しぶりに一目惚れしたバッグですが、またパリに行けることを楽しみにしたいと思います✈️

海外インテリア本
【ロンドンからお届け!海外インテリア事情】

インターネットでアロマビジネスをしたい方【doTERRA】ドテラ新規会員さん大募集☆

スポンサーリンク