2021年最新:ロンドン土産で大人気のフォートナム&メイソン【Fortnum&Mason】へ行ってきました!

日本でも有名なFortnum&Mason
「フォートナム&メイソン」

長期に渡るロックダウンが続いているロンドンですが、紅茶だけではなく食料品も扱うフォートナム&メイソンは、地下1階・ground floor(日本でいう1階)・first floor (日本でいう2階)が営業中で今は観光客もいないので行くべき!という話を聞きつけ、行って来ました💨

確かに人はとても少ないので
じっくりと買い物ができます☆

店内の様子をご紹介

先ずはground floorは、ロンドンのお土産に大人気の紅茶やジャム、チョコレート、ビスケットなどが販売されています。

これだけ沢山のものがあると迷いますね・・笑

奥には「ハンパー」のギフトコーナーが💡
フォートナム&メイソンはトレンドマークの
F&Mが定番ですね♪

ハンパーとはバスケットのことですがペンキでロゴがプリントされていて、中に紅茶やビスケット・ジャムなど好きなものを組み合わせて詰めてギフトにすることが可能です☆

中身を楽しめるだけでなく、このハンパーは後でインテリアとなり収納にも使えて、見た目にも楽しめるという英国発祥のギフト文化は素敵ですね!

 

イギリスの上流階級の間ではハンパーに荷物を詰めてピクニックや旅行に行くのがステイタスだったようで、このようなピクニックセットもあります。

かわいい💖

日本だとお花見やバーベキューの時ですかね。

お洒落すぎる!

first floor (日本でいう2階)への階段が✨

ティーカップが羽をつけて飛んでいるという☕✨

こういう発想ってほんとイギリスらしいなと思う🤗

そしてfirst floorには様々な食器が売られています。
値段もお手頃価格から高価なものまで。

イギリスの老舗メーカーのものを主に扱っていましたので、食器好きの方にはこのフロアは見るだけでも楽しめそう
また現在はクローズですがカフェもあります。
壁画はこんな感じ🎨

そして地下は食材があり野菜にチーズやキャビア・お酒など扱っています。

日本のウイスキーの響、30年ものが£4000で売られているという!!

約60万円😆

階段下にはテーブルコーディネートがあり食器類もありますね。

イギリスではキリスト教の復活祭イースターにちなみ、スーパーでもエッグとバニーを良く見かけますが、フォートナム&メイソンでもやはりポップなお菓子達が勢ぞろい・・どんな味がするんだろう!?

 

店内の装飾も気品があり素敵ですが、今回私が気になったお酒コーナーの照明器具!

コロンとしていて可愛い!
※写真だと普通な感じですが
実物はもっと素敵です・・・✨

というわけで、フォートナム&メイソンの本店は地下1階から4階まであり(日本の5階)、通常は6フロアですが現在は3フロアのみオープンしています!

人混みが苦手という方は今がチャンス💨

土日は多少混んでいるので、平日はじっくり店内を見て回ることができると思います👍

Follow me!

スポンサーリンク