イギリスの野菜ってどうなの?日本の野菜との違いとは?

イギリスに来る前は、野菜のことって考えたことがなかったのですが・・

料理を作るとなると、日本では普通に買うことができた野菜が手に入らないんですよね(・・;)

もちろん日本のスーパーにはないものがイギリスでは普通にあるものもあります。

まず良く使うネギですが、日本のように細くなく太いです。

稀に細いのもありますが、なんだか元気がなさそう(・・;)

そして胡瓜もそうですね。ミニサイズもありますが日本のようなサイズはないです。

茄子もとにかく大きい!(^o^)/~~~

よく料理に使う生姜もBIG!!

この写真の生姜、私の手のサイズと同じくらいで約20㎝もありました!!

日本より小さいのは大根です(ただ先日、1本だけすごく大きい大根を見たので稀にあるみたいですね)

キャベツは日本と同じような形ですが、とにかくかたい!!

でも三角で尖がっているチコリのような形をしているソフトキャベツというものがあり、それは日本のようなキャベツです。

ニラやごぼう、しそは日本食材店に行かないとありません。

野菜は大きさは違っても見た目は同じなのに、日本と同じ調理法で作っても日本で食べていた味にならない・・・

というか別物になります(*_*)💧

今までの料理レシピが全く通用しなく、未だに料理は研究中です。

イギリスにきてからは今まで作ったことのない料理を多く作るようになりました🍽

おもてなし料理を出せるにはまだ時間がかかりそうです・・・(^-^;

そうそう❣

イギリスの野菜って日本と比べて野菜の値段が安いのです☆

初めてスーパーにお買い物に行ったときに安い♪と驚きました!

イギリス食材を使って、簡単美味しい料理が普通に作れるようになれたらいいなと思う今日この頃です☆

スポンサーリンク