2021年最新ロンドンデザインセンターのデザインウィーク③Watts of Westminster/Samuel&Sons

Centre DomeのThird floorにある、クラシカルなタペストリーにタッセル、壁紙、ファブリックを豊富に扱う「Watts of Westminster
ワッツ・オブ・ウェストミンスターは400年以上の歴史があり、重厚感ある絵のように繊細で美しいタペストリーは圧巻!

(写真、撮り忘れました!!😂)

教会や商業施設に提供しているだけあり、普段はお目にかかれない巨大タペストリーも見る価値ありです。

ショールームにはお客様がいなかったため、スタッフが壁紙の柄合わせの仕方などを説明してくれました。
壁紙もダマスク柄(花柄や植物などを使ってつながったように繰り返すデザインのこと)でヨーロッパでは定番模様ですが豊富に取り扱っています。

 

そしてお次のショールームはこれも同じCentre DomeのThird floorにある「Samuel&Sons」サミュエル・アンド・サンズ

こちらはNYのメーカーですが、特徴的なのはカラフルなタッセルやフリンジ等をオーダーメイドでき、様々なインテリアアイテムに組み合わせることできます。シルクやウールなどの素材にオリジナルデザインが何ともモダン。伝統的なデザインを現代風にアレンジしてあり、色の組み合わせを選ぶだけでも楽しめそうです(^^♪

その他のショールーム記事はこちら

2021年最新ロンドンデザインセンターのデザインウィークに行ってきました!英国インテリアの見どころが沢山☆①

2021年最新ロンドンデザインセンターのデザインウィーク②David Hunt Lighting

2021年最新ロンドンデザインセンターのデザインウィーク④ショールーム

2021年最新ロンドンデザインセンターのデザインウィーク⑤ショールーム

2021年最新ロンドンデザインセンターのデザインウィーク⑥ショールーム

2021年最新ロンドンデザインセンターのデザインウィーク⑦ショールーム

Follow me!

スポンサーリンク